思うままにつれづれ書くblog

背伸びせずかっこつけず思うままにつれづれをぶっちゃけていくブログです。

実体がない という話を読んで。

しいたけさんの「しいたけ占い」というのがあって、
それが面白いのだけど、
先日 そのしいたけさんのブログで「巫女さん系列の人」というのがあって。

読んだら 結構あてはまるところがあって 面白かったです。

巫女さん系列の人|しいたけオフィシャルブログ「しいたけのブログ」Powered by Ameba 

巫女さん系列③ 回復編|しいたけオフィシャルブログ「しいたけのブログ」Powered by Ameba

この回復編 の 「実体がない」っていうのが すごーく腑に落ちた感があって。

自分が巫女さん系列の人かどうかは どうでもいいんですが、
この「実体がない」っていうのが おお~そうそうって思いました。

「わたしにはなんにもない」ってよく思ってたし。
やりたいこともそんなにない。

「自分のしたいこと」ってあんまなくて「世のため人のため」みたいなことで力を発揮します。って書いてあったけど、


うん、「世のため人のため」っていうと すごいいい人的なイメージだけど(笑)
わたしの場合は そういう「いい人的な感じ」ではなくて、
例えば自分1人だと何もしないけど、
家族のことだったら「じゃあやるか」とか 
なにか頼まれごととかも 「まあ時間あるし 暇だし自分にできそうなことだし やるか」 みたいな感じ。
自分のことだけじゃ 動けないことも 人のため?というか誰かが絡んでくると よいしょっと腰があがる的な。

今のパートの仕事も 自分が苦も無く楽しくできて それで人に喜ばれたら
わー楽しい!って感じです。

使命を知りたいって思ったこともないし、
わたしって 本当に空っぽだなあと思うことがよくあったのですが、
あー それでもいいんだなあって 思い始めた最近に
この記事が読めて 面白かったのでした。

どういう存在でも どんな生き方でもいいのよね。

結構いろんなことに 育つ過程でとらわれてしまうのだなあと感じます。

最近娘と話していると
全力で頑張ってないことに対する罪悪感 みたいなことをずっと言ってる。

「わたし 全然頑張ってない」「本当に努力できてない」っていうの。

でも わたしから見たら 今まですごく頑張ってきてるし 努力もできてると思う。
楽することに対する罪悪感っていうのを すごく持ってるんだなあって見ていて思う。

「楽したっていいんだよ~」っていうんだけど、
まあ 罪悪感をもつことすらも悪いことではないし。
本人が そういう時期を過ごしてるなら まあそれもいいのかなーと。
わたしから見える印象を わたしは言うだけで。

と 話は戻りますが、
なんか こんな空っぽな感覚を持っていても、
その時その時目の前にあることをやっていって生きていくのもいいなあと
思う今日この頃です。

誰かの役に立つために 誰かを喜ばせるために生きる というのでもなく
ただ なんかできることやって 結果的に誰かが喜んだりしてくれて
あー よかった わたしも嬉しいわ~ って感じで過ごすことがわたしの幸せかな。