思うままにつれづれ書くblog

背伸びせずかっこつけず思うままにつれづれをぶっちゃけていくブログです。

憧れのあの人にはなれない。

一見ネガティブなタイトルですが。

「憧れのあの人にはなれない」と思い知ること。
それは 自分が自分である という
ありのままの自分でいる ということの始まりなのかな

なんて思っていて

むしろ 「憧れのあの人にはなれない」とハッキリと受け入れることは
喜ばしいことなんじゃないのかな とさえ感じています。

憧れのあの人は 素晴らしくみえるものです。
性格 ライフスタイル 実績 容姿 健康 などなど。
憧れの人に近づけるよう 努力します。
その努力で得るものもたくさんあるし それも素敵なことです。

そして どこかの時点で 
「ああ あの人とわたしは違うんだな」ってことを心の底から受け入れ 認識すること。
自分が自分らしく生きていくことを望んで それをしたいと思っているなら
そこを 一度通るんじゃないかな とわたしは思っています。

激しい自分自身に対する失望感をともなうこともあると思います。
わたしはそうでした。

どうしても自分のこういうところを改善したいのに、
そうなれない自分。
自分に甘いのか 努力が足りないのか ああ自分はなんて情けなくだめなのか。

でも ある時から そういう自分を許容してみよう、と思いました。

たくさん寝てしまう自分。
時間があるのに だらだらとしてしまう自分。

そういう自分は だめだ 治さないと とずっと思ってきましたが、
ある時 治そうとするのをやめました。

寝られるときは思う存分寝て、
だらだらしたければ 思う存分だらだらする。

そういうことをしていて(咎める家族がいないことに深く感謝。)
いろんな自分に いいよいいよ とYESを出し、気が済むまでやりました。

で、どうなったかというと。

飽きました。

あーもう 本当に 飽きたわ・・・。って思って
なんかやりたくなりました。
(そして飽きるまで できたことにも深く感謝。)

あ、なんか 書こうと思ってたことから 話が脱線してきた(笑)
また このことは 別記事で書こうと思います^^

自分のどんな面も 「あってよし」とし、
そして 「ほんとうのわたしはこんなに情けなくないはずなんだ」と
自分自身でさえ目をそむけたくなるような面も 真正面から受け止め 認め
どうなったかというと すごい楽になった。

「何かのツールを使って改善されれば、いつか素敵な感じになれる」
「いつか劇的なことが起きて スゴイ感じになれるかもしれない」
「本気出してやる気だせば違う自分になれる」
ってどこかで思っていたのが 思わなくなった。

自分以上でも自分以下でもない感覚。
それは わたしに ものすごい安心感をもたらしてくれました。

よし このままのわたしで行こう。と。
そして そのうえで 努力したいことがあればするし こうありたいと思うことへと進んでいこうと。

自分にダメだしすることなく(まあ その時々に気持ちも変わるからゼロじゃないですけどね でも時にダメだししてもいいと思うしね) そのままの自分をよしとしながらも 行きたい方向へ進んでいく。

今はそれが気に入っています。