思うままにつれづれ書くblog

その時々に感じたことを正直に、思うままにつれづれを書いています。

ライフレッスン その3

感想つづきです。

以下引用

 どんな状況であれ、最悪の事態に直面した時に、
人間は成長する。
状況が最悪になった時こそ、最良のものを見出す
ことができる。そのレッスンの本当の意味が
わかったとき、幸福で意味のある人生も見出す
ことができるようになる。完ぺきではないが
真正の人生がみつかり、十分な生をまっとうする
ことができる。

 最初に頭に浮かび、しかもいちばん難解な疑問
は、おそらくつぎのようなものだろう。
そうしたレッスンを学ぼうとしているのは、
一体だれなのか?
そもそもわたしとはだれなのか?

 人生の途上で、われわれはくりかえし自分に
この疑問を投げかける。誕生と死とのあいだに
人生と呼ばれる経験が存在していることだけは
確実にわかっている。
だが わたしとはその経験のことなのか、
それとも経験しているもののことなのか?
わたしとはこのからだのことなのか?
わたしとはこの欠点のことなのか?
(中略)
わたしは母親?銀行家?店員?
(中略)

 そのいずれも「わたし」ではない。
わたしにはまちがいなく欠点があるが、欠点は
わたしではない。病気にもなるが、病気や診断は
わたしではない。わたしは大富豪かもしれないが
信用の格付けがわたしではない。
わたしの履歴書も、居住区も、成績も、からだも、
役割も、称号も、けっしてわたしではない。
それらはすべて事情によって変化するものだから
わたしではありえない。
わたしのなかには 名状しがたい、なにか定常的な
ものがあり、それは消え失せることも 加齢や
病気や環境によって変わることもない。
うまれながらにそなわっていて、それと共に生き、
ともに死んでいく、正真正銘の自分というものがある。

以上引用おわり。

そもそもわたしとは何なのかとか
そういう哲学的?なことは わたしはあまり考えません。

みとめられたーい!とか 人気が欲しい!と
思ってたときは 
もっと今の自分とは違うなにか「本当の自分」
みたいなものがいるんじゃないかと思ってたけど
今は 本当の自分 というのにも関心がうすれました。
(多分違う意味で関心を持ってたからなんだと思います)

ただ、ここに書いてあった
「事情によって変化しない 定常的なもの」
っていうのは 確かにあると感じます。

肩書がかわっても 役割が変わっても
なにか こう「こんな感じよね!」っていう自分
というのが 誰しもあるのだと思います。

そこを 活かすとか活かさない とかの前に
なんとなくそういう定常的な自分というものを
捉えていると

日々過ごしている毎日が
そして なにかを選択する時などにも
こう違和感の少ないものが選べるというか
しっくりくるものが備わるのではないかと思います。

それが 単純な「好き」「嫌い」であったり
ぴんとくるようなお知らせであったり
小さなささやきであったり
しっくり感であったり。

わたしは はっきりとそういう定常的な自分を
わかってる っていうわけじゃないのですが
ほわっとは捉えていて(絵とかイメージ的な感じ)
なんか選んだり 過ごしたりするときに
最近はそれと共にある といった感じです。

まだまだ 自分がしらない自分がいるのかもですが。

生きやすくなったような気がします。


「ライフレッスン」その2

感想など その2です。

第一章が「ほんものの自己のレッスン」

以下引用

 わたしたちはみなこころの奥底に、自分がそうなるはずだった何者かが
住んでいることを知っている。 そして、自分がそのような人間になるだろうと
いうことを、感じとることができる。
逆のいいかたをしてもいい。なにかがおかしくなっているとき、そうなるはずだった
自分とはちがう自分になっていることを、わたしたちは知っているのだ。

引用ここまで。

そうなるはずだった自分 というのは いわゆるハイヤーセルフ(高次の自己)と
呼ばれるものなのかもしれませんが
ハイヤーセルフ」なんて言われても わたしはイマイチぴんとこなかったり
していて。

自然と知っている自分 と言う風に聞くと
なんか わたし的には 「ああ それならなんかしっくりくる」と感じます。

でも なにかの拍子で過剰な期待感があったりすると
自分探しにはまってしまって すぐそばにあるのに、遠くばかり探してる
というようなことも起きちゃうのかもしれないなあ などと思いました。

わたしも 最近は 「自分はこんな感じの存在」っていうのを ふわっと意識は
していて (それが合ってるかどうかは知らんけど 今時点ではそう思ってるし
多分合ってるとは思ってる)
その感じで 普段過ごしたり なにか行動したり書いたりってことを

していますが
前は 「もっとなんかこうトクベツ感」を求めていたので
全然満足いかなくて 自分にすごく不満を抱いていました。

でも多分 真逆なことを体験することで
もともと知ってた 分かってた でもあんまり意識してなかった
というところに 光があたるようになるのかなあ と最近は思っています。

以下引用

 喪失に直面した時、われわれのクライアントたちは、重要なのは愛だけだった
ということに気づいた。じつは愛こそは、われわれが自由に御(ぎょ)し、
身につけ、持ち歩くことができる唯一のものである。
クライアントたちは「彼方」に幸福を求めることを断念した。
そのかわり かれらは自分がすでにもっていたもののなかに、
自分自身であることのなかに 豊穣と意味をみいだす方法を学び、
すでにある可能性を深く掘り下げる方法を身につけた。

(中略)

かれらが見出したのは きょうという日の、時々刻々の豊かさだった。
みずからの心に耳を傾けることを学んだからである。

以上引用

自分がもってないものに憧れたり
自分とはかけ離れたところのものを欲しがったりすることもありますが、
そういうことを経験した後に
自分がすでにもっていたもののなかに 豊かさや喜びを感じられるように
なるのかなあと思います。

思い描いていたような特別感はなくても 人はそれぞれ唯一無二の存在で
固有の雰囲気や、発しているものがあるのだろうなあと感じます。


 

 

「ライフレッスン」その1

昔読んだ「ライフ・レッスン」をふと また読もうかな と思い立ち
本棚から引っ張り出してきました。

フラワーエッセンスの講座で紹介されていたので読んだ本。

終末期医療の先駆者として知られている エリザベス・キューブラー・ロスさんと
ホスピス ケアの専門家 デーヴィッド・ケスラーさんの共著となっています。

あまり普段は死を意識することはないけれど
「もしも」なんてことを考えると
今の毎日の過ごし方 日常って どうなのかな と
そういうことに 意識をむけることが 時々あります。

死と生について考えると
「後悔しない生き方」とか そういうことにも思いが向きますが
「死があるから 生が輝く」 とか たしか「ゲド戦記」の一節にでてきたのかな?
そういう文章だったり
指輪物語」の中で 指輪を所持することによって長命であったビルボが
「引き延ばされた 間延びした人生」というようなことを言っていたことを思いだします。
長いからといって よい と言えばそういうものではなく
どんな気持ちで生きたか みたいなことが大事なのかなあと思ったり。

終わりがあるから じゃあどう生きようか ってことを考えたり
終わりを意識した時に こういうことがやりたかった この人にこれが伝えたかった
この人と本当はこんな関係が築きたかったということに気づけるのかもしれません。

ならば それを 普段からできたらいいなあなんて思っています。
そして 毎日 何気なく過ごしている時間が とても貴重なものなんだなあと
感じたり 幸せだなあとか ありがたいなあ とかそんな気持ちも湧いてきます。

風邪をひいたり 寝込んだりして体調を崩して 回復して動けるようになったとき
普段 面倒だな と感じていたことが
「ああこうやって 身体を動かして お皿洗えたりできるって ありがたいよなあ」
と思ったりするのと似ているような気がします。

久しぶりに読んだら いろいろと感じたり考えたりすることがあったので
感想を 残しておけたらなあと
1章ずつ ゆっくり読んで いろいろ書きたいな と思いました。

第1章は 「ほんものの自己のレッスン」

人生をレッスンとだけとらえてるわけじゃないんだけど
ちょっといろいろ考えて自分的におもしろかったので。
少しずつ 書き溜めていこうとおもいます。


夫婦について つれづれ。

そういえば 昔 「奥さんが姫的な感じだと だんなさんの収入がアップする」的な話について(あれ?こんな感じだったかな?)
ブログで書きたいなあ・・・ と思いつつ 上手く言葉に出来なくて書けなかったなあということを 思いだしました。

最近そういう記事をみてないので 随分とうろ覚えなのですが
前提として
「男性は 女性に喜んでもらえるのが嬉しい」 というのがあるんだと思います。

なので あまり男性に尽くし過ぎたり
女性が だんなさんがしっかりしてないからわたしが頑張らないと!としゃかりきに
なりすぎると あんまりよくない・・
甘えて 頼って 女性が自分のしたいように自由にしてると だんなさんは自然とはりきって 結果収入もアップする 

 

というような話だったような気がするんですが。(違ってたらごめんなさい)

一時期そういうのをよく目にしたので
わたしは 「そうなのか~なるほど~ わたしもやってみよう!」と思いまして。

で、ちょっとやってみたんですが

結果ですね。

思ったのは。

「わたしが男でだんなさんだったら そんな奥さんは嫌だ」ってことでした。
(収入アップが前提にありき的な 下心満載な気持ち悪さというか)

我が家には合ってなかったようです。
それを言ったら 夫もまったく同意見でした^^;

多分、ですが 本質として 男性は頼られたら嬉しいとか 喜んで頑張る っていうようなところはあるのかもしれないです。

でも なんか違うなあっていう人もいるような気がするなあ。

*************************

我が家は 夫が会社を辞めて 自営業になったわけで
夫があのまま会社員だったら そこまで2人で話をする事はなかったかもしれないであろう「お金のこと」は 話さざるを得ない状況でした。

時には言いたくもないことを 話をしなければと切り出すこともありました。
(できればそんなことは話したくはない)

わたしが その中で感じたのは
「夫に甘えてるんだよなあ」ってことです。

わたしは 就職する時「一生働く」っていうイメージはなかった。
でも 今の時代は変わってるかもしれませんが
ほとんどの男性は 「定年まで働く」ということを自然と背負っているのでは?と思います。

今は共働きの家庭も多いので 女性も「働き続ける」ということがイメージできている人が多いと思うけど、
わたしは 母親が専業主婦だったこともあって 自分はやっぱり主婦業がメインで 働かないといけない状況であれば働くけれど いつか本当に辞めたければ 辞められる というようなイメージを持っています。

知らず知らずのうちに 夫にいろいろなものを期待して 甘えてしまっているのだろうと思います。
実際、今現在 お金を稼ぐ能力 という面で見れば夫の方が圧倒的にそれを持っています。女性の経済的な自立 というものが言われ始めてから何年も経っているのだろうけれど、そういう面からみたら わたしは全然できてない。
正直 申し訳なく思うこともあります。

じゃあ 女性が楽をしているのかというと
「外で働く仕事」というものさしだけでは測れないところがあって、

やはり「家の仕事は 女性がメイン」 家事も育児も女性がメインで 夫は「手伝う」感覚で当事者意識に欠ける というようなところも まだまだ多いのではないかと感じています。

一家の大黒柱は男性で 家事と育児は女性 というのはまだまだ根強い意識なのかもしれません。

で、わたしは それが よくないといいたいわけではなく。

お互い 「ああ 自分はこういう風におもってるんだなあ」とちょっと客観的に意識できれば なんかよいのではないのかなあ なんて思ったりしています。

感謝の気持ちも自然と湧きますし。

男性 女性 それぞれ質も違うし 得手不得手も違う。
夫婦は 性が違うから 完全に理解することは不可能だと私は思っているのだけど、
違うからこそ 一緒にいられて 補っていけるところもあるんじゃないのかなあと。

*****************************

先日 「どんな奥さん?って聞かれたら なんて答えてほしい?」と聞かれたので
「〇△* ◎△*な奥さん!」って答えたら 笑ってました。

「え そんな質問されることあるの?」と聞いたら 時々聞かれるらしい。
「なんて答えてるの?」と聞いたら
「かなり自由にさせてもらってるので 今の奥さんとじゃないと結婚できてないと思う」(合ってるかな?うろ覚えなので・・)と答えているらしい。

多分。わたしのいいところは「極力自由にしてもらう」 唯一そこだけといってもいいのかもしれない(笑) ダメな時はダメって言うと思うけど。
ああ、でもよしわるしなのかなあ・・・
よいにしてもわるいにしても 多分わたしは そういう風にしかできないんだと思います。

夫婦って 外から見たら絶対に分からないものが 2人にはあると思う。
いい時もあれば 悪い時もあるけど、これからも日々を積み重ねて一緒に歩んでいけたらなあと思っています。








カオナシかおなし。

昨日書いたブログで カオナシのような・・と書きました。

千と千尋は 最近みてないので うろ覚えで書いちゃいますが
あの映画に出てくるカオナシって なんか強烈な印象があります。

千尋に姿をきづいてもらえたのをきっかけに
千尋を喜ばせたくて関心をひきたくて
一生懸命 金を出すんだけど 肝心の千尋には喜んでもらえない。

巨大化して 暴れまくるカオナシも 豪遊するカオナシ
いくら身体に何かをとりこんでも 満たされることはありません。

人から認められることは嬉しいものだけど
それだけでは ひとって心底からは満たされないものなのかなあなんて思います。

認められたり 称賛されたりすることが目的となると
自分を見失うし
孤独感も強まるように思います。
思い通りに人が反応しないと 怒りを感じたりね。

孤独感も寂しさも 人では埋めることはできないもの。
ある程度は 和らぐだろうけど
孤独感も寂しさも お友達のようなものなのかな とわたしは思っています。

そして そういうものも嫌いではありません。

銭婆のおうちで お手伝いをしているカオナシはかわいいです。
なんか 安らいでるようにも見えます。
小さなことでも 自分のお仕事をしていると(お金を得るというお仕事だけでなく)
人は内側から安らいで 満たされるものなのかなあと思いました。

もっと!もっと! と欲の波にのまれるのは 時としてアドレナリン放出!
みたいな 楽しさがあるのかもしれないけど
小さな喜びとか満足を大切にして 日々過ごせたら わたしは幸せなんだろうなあ。