読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思うままにつれづれ書くblog

背伸びせずかっこつけず思うままにつれづれをぶっちゃけていくブログです。

分かりあう 分かってほしい などなど。

昔は わたしのことを分かってほしい! 認めてほしい!という気持ちが

強かったんだと思うんだけど

最近は 年とともに?そういうのも 少なくなってはきていて(なくなるとかはないと思うけど)

そもそも 分からなくて当たり前じゃね?みたいな気持ちがどっかにあります。
(やさぐれてはないはずよ^^;)

夫婦も 長く一緒にいるから 大体のことは分かってるつもりではあるけれど
それは あくまで「つもり」なんだなあと 思ったりします。

じゃあ だからといって

「分かりあうために」 とか 「分かりあう」ということをゴールにしてしまうと
それも なんだか違うかなあ~と 思うこのごろです。

つきあってるころや結婚してしばらくは
夫と話しをする というときは 私の考えを分かってほしい 共感してほしい
という気持ちが強かったけど

あ、今書いてて気づいた
わかってほしいって 「共感してほしい」ってこととほぼほぼイコールに近いケースが多いのかもね。

よく 夫婦で「どっちが大変か」みたいな合戦が始まることがあるけれど
大変さの質も違えば 男女の違いもあったりして 
気持ちは分かるような気もするけど(自分もあったし)なんかなあ・・と正直思ったりするのですが、

それって 「私の方が(あるいは 「わたしの方も」 )大変だということを相手に認めさせたい」だったり
「大変だねって共感してほしい」ということなのかもなあ・・・。

お互いにそう思ってるとしたら どこまでいっても平行線。

じゃあ 平行線はよくないのか 歩み寄りや忍耐が必要なのか
となると それもまた なんか しっくりこないしなあ・・。

なんかね、最近ちょっと思ったのは

人はそれぞれ 見るものを見たいように見てるのかなってこと。
それが 「世界観」って言葉で表されるのかもしれない。

見るものを見たいように見るから
人(あるいは出来事や状況)に何かを期待しては 勝手にがっかりして 「そんな人だとは思わなかった」
とかいうのよ。(わたしも含め)
じゃあ どんな人だと思ってたのさって話で。

そこで はっとするよね。 ああ こういう人だと思いたかったのかなって。
自分の勝手なイメージや期待だったんだなって。

でもそれって ある程度は起こることで
それが よくないとか やめようとか言うのも違うかなと。

本当の意味で「分かった!」とはならなくても
ああ この人が見てるのはこんな感じなのかな?ってことが 垣間見えて
そこで 自分はこう見てるんだなってことが あらためて自分で認識できて

それだけでも 違ってくるんじゃないのかなあと。
平行線なようで 平行線じゃないというか。

分からないこともそんなに悪くはないのかなあ
それでもいいなと思える何かがあるのではないのかなあと思うこのごろです。

「どうせわかってもらえない」から 「伝えない」のではなく
「わかってもらえなくても」 「伝えること」の大事さというか。
やっぱり だんまりをきめこんで 閉ざしてしまうのと
扉は 開けといて 伝える準備ができていることや 実際に伝えることとは

全く違ってくると思う。


分からないながらも、心地よく一緒にいられる、とか、つながっていられる、ということはあるしね(^^)


なにを言ってるのかわけわからん文章かもしれませんが^^;
最近の正直な感覚はそんな感じです。

 

 

期待から じゃあ どうする?へ。

今日 友達のブログを読んでいたら
「エネルギーが整っているからといって棚ぼた的にいいことが起きるわけではない」という内容が書いてあって、

おお、そうだそうだとわが身を振り返ってしまいました。
(回想)

エネルギーだったり波動的なものだったり(フラワーエッセンスもそうだけど)
そういうことを知識として知って、それでそういったセッションを受けたり
フラワーエッセンス飲んだりして「こんなに変わりました!」
「こんないいことがありました!」なんて体験談を読んでいると

単純に期待しちゃいますよね。

わたしは 結構そういう期待感が強くて
このセッションを受けたら なんかすごいことが起きてスゴイ能力が身についたりして~
みたいな

や~なんかミラクルが続いて めちゃめちゃすごいことになるんじゃないかとか

まー 地に足ついてない夢見る夢子ちゃんでしたよ。

でもね、そんな自分を恥じてはおりませぬ。
わたしの歴史~ そういうところから始まって 今があるんだもの。
なので 同じような人がいたら 「分かる~!」って思う。

最初は エネルギーワークとか遠隔とか まったくもってアヤシイと思っていて
特に 遠隔なんて 「なんで遠くからそんなことができるのさ」って思ってました。

そんな中、信頼できる人がおすすめしていたので 好奇心から初めてチャネリングメッセージなるものを受け取った時に

ほんとーに 誰にも話したことがないことが書いてあって。
いやもう なんか。
驚いたというよりも もう文字として頭に入ってくるんじゃなくて、ハートにドストライク、みたいな。
なみだがどばーって流れてきて
もう涙が止まらなかった。

その時 理屈を全部 すぱーんと飛び越えて
「ああ 目に見えない存在みたいなものが 見守ってくれてるんだ~」っていうのが
腑に落ちたというか 自然と受け入れられたというか。

で、フラワーエッセンスの仕事をしている仕事柄? チャネリングできる人とか
エネルギーの調整ができる人とか 見えたりする人とかと 知り合うことが多くてですね、
もうなんか すごいな。って。
わたしは そういうのできないし 見えたり聞こえたりもしないし
そんな自分が フラワーエッセンスの仕事していていいのかな・・・と本気で悩んでいたこともありました。(今振り返ると なんじゃそりゃ!って つっこみいれたくなるけど)

なので そういう能力がある?人に対して すごい憧れがありましたね~。

そういう 不思議体験?みたいなことがあると すっかりはまってしまってですね、
いちいち なんか 自分がこれでいいのかどうか 確かめたくなる症候群な時代もありました。

いちいち承認を得たいの。
この道でいいのか、とか。
そして 認められたいし褒められたい。
そして 間違えたくない。

セッションもいろんなの受けました。
なんか 自信がなかったんだと思う。
自信って言うか、自分に対する信頼感がなかったというか。

いっぱい褒められて あなたはこんな人なんだよ こんな才能を持ってるんだよって
なんど言われても受け取れない ということもあったし
そういうところ褒められたいんじゃない みたいなこともあった。
(憧れの自分像とギャップがあって そんなとこ褒められたって嬉しくない、っていう)

セッションもいろんなの受けて
それも そういう時期だったのかな~
発見があったり 良いことも 嫌な思いをしたりもありましたし そこでいろんな経験ができてよかったです。

そんな中で
こわごわ 少しずつ行動したり 自分の思ってること感じたことを書いてみたりして
徐々に吹っ切れていったのかな・・・?

あ、大丈夫なんだなって。 少しずつ体感として分かってきたというか。

メッセージ的なものも ここ数年はお願いしなくなりました。
(でも 受けたい!って思ったときは お願いしたいと思う♡)

いちいち確かめたい時期もあったのですが、
だんだんと もらうメッセージが
「あ、それ わたしもなんとなく感じてたんだよなあ」っていうことがあって。

なんとなくこうしようかな って思ったりとか
こんなふうなのがいいかな って思っていたことが
そのまま メッセージとして書いてあったりして。

そういうことが続くと
「あ、わたしは チャネラーではないけど、結構ちゃんと受取ってんだなあ」って感じて 自分に対する信頼感もでてきました。

少しずつ 周りの助けをかりて 自分への信頼感を育んできた感じかなのかなあ・・・?
自分を振り返ってみると
わたしの場合は 劇的になにかが変化したとかっていうドラマチックな出来事はなにもなくて、 ゆっくりと 散々ぐずぐずしながら 進んできた感じ。

とっても地味です(笑)

振り返ってよかったなって思うのは
フラワーエッセンスの世界観(哲学)を学んだこと
(これはフラワーエッセンスに限らず いろんなことを深めると共通点の多い部分という意味で)
周りにいてくれた セラピストさんやヒーラーさんが ホントにごくごく普通というか
信頼できる人達であったこと 
身体からのアプローチ 整体を何年にもわたって 地味に続けてきたこと

です。

そして
周りのサポートは とてもありがたいもの。
そのうえで やっぱり 自分の人生は自分のもの なのですよね。
助けを得ても それをどうしていくかは 自分。

それから セッションなどで伝えてもらう 才能や可能性は 自分の中の種。
それが「ある」ことだけに 満足せず
その種を育てていくのも 自分なんだよなあと思います。
優しい人が多いから いいことばかり伝えてくれる人も多くて それはとても嬉しいし
励まされてきたけれど 最近は 「自分に対する厳しさ」も必要かなと感じます。
褒められて 嬉しい!だけじゃなくてね。 その先。

わたしは思うんですけど
ハイヤーセルフ とか 高次の自己 と言われるものは 自分自身でもあるけれど
それが 「本当の自分」 なのかというと わたしはちょっと違うかなって感じます。

今肉体をもって ここにいる自分。
「いつかなれる?であろう最高の自分」 も素敵だけど、
今肉体をもって ここにいる自分を
嫌だなって思う部分 好きだと思う部分 まるごと含め ヨシヨシってしてあげたい気持ちなのです。

長い時間をかけて いろいろと軽やかになって、状態も整ってきて
ずっと こういうことがしたい と思っていたことも気持ちが変わってきました。

自分のコンディションが心身ともに心地よい状態になってくると
「いいことが起きるかも」 という期待感は あまりなくなってきて
じゃあ このいい状態で わたしはどうするのだろう?って 思いながら
今はいろいろと動いている感じです。

まだまだだなあ~
やっとこさ スタートラインなのかもです。














ゲド戦記 影との戦い その1

ゲド戦記を初めて読んだのは 2010年。
ちょうど ヒーリングクラスに通っている時で
参考図書として出てきたので 読んでみようと思ったのがきっかけです。

読んだら すごくひきこまれて
それから 大好きになった本の1つ。
魅力的な登場人物がたくさん出てきて、
詳しい解説があまりない 物語として進んでいくところが好きです。

分からないままに 読み進めても十分魅力的で
読み返すたびに発見があったり 心に響くところが違ったり。
誰かが解説してくれたものを読むのも 面白いけど
分からないまま 何年も放っておくというか 寝かしておくのも
本のひとつの楽しみ方なのかなあ なんて思ったりします♡

ブログに感想を書いていたなあと 思い、今日検索したら出てきました。

以下は 2011年に書いた 好きなシーンについての記事。

*******************************************************************


ゲドは 影から逃れるために
ハヤブサに姿をかえて 師であるオジオンの元へと
戻ります。

姿を変えることは危険を伴うことでした。
それが 戯れであっても、常に真の自分自身を
失う危険を、真の姿をなくしていく危険をはらんでいました。

ハヤブサに姿を変えた時間が長かったゲドは
いつしか人間のものの見方 考え方を忘れて
ハヤブサ的なものの見方しかできなくなっています。

ゲドの姿にもどっても ゲドは元の自分に戻れず
口もきけません。

そして3日目。

「オジオンさま・・・」

「やあ きたか。」 オジオンは言った。

「はい、出ていったときと同じ、愚か者のままで。」

ここを読んだ時に
なぜか胸が詰まり 涙があふれました。

何で泣いてるんだろう 私 と思いながら。

ゲドは 師であるオジオンを愛していることに気づき、
その元にいたいと思いながらも
自らの偉大な力を持つがゆえに 
知らないことがあるがゆえの傲慢さと
事を為し 栄誉を我がものとしたいという
強い欲求を持っていました。

そして その欲求に向かって
進んで行くのですが、

そこを 通らないわけにはいかなかった

のだと思うのです。

もう そうしないわけにはいかない という感じで
ありとあらゆる高度な術を学べる 魔法使いの
学院へと行くために
ゲドは師の元を離れていきます。

そして その 栄誉を求める気持ち
自らの力を誇示したいという気持ちから
影を呼び出してしまうことになります。

その影は ゲドを飲み込もうとするものでした。
(その時点では)

そして その影から逃れて ぼろぼろになって
また オジオンと再会するシーンです。

ここでのゲドは
自分が愚かである(あった)ということを よく知っています。

卑下でもなく
ただ ありのままの自分を見つめて 
それを そのまま 伝えているだけです。

その姿に 心うたれたのかもしれません。

*****************************************************************
以上 昔のブログからでした^^

ここのシーンは今でもすごく好きです♪

オジオン、かっこいいよね~!
寡黙な感じも ごくごく普通な感じも いいなあ~と思います。

姿かえの術の危険性は 他のところでも話に出ていて
魔法使いが クマになって遊んでいるうちに 元の姿に戻れなくなってしまった
とか。ゲド戦記のどこかに出ていたはず。

「名前」というのも ゲド戦記全体で出てくるところで
例えば アースシーの世界では 真の名前 というのは むやみやたらに人に教えるもんじゃない という風に 前半は扱われています。

まことのなまえを知ることが 魔法使いにとって大切なこととされていたり。

と、ここで思いだすのは 漫画の「陰陽師」でも 名は体を縛る 名はもっとも短い呪(しゅ)である という表現がでてきたような・・(うろ覚えなんで後で確認しよ)
同じく 陰陽師で 「真の名前で呼ばれれば わたしは真の姿を思いだす」みたいな
シーンもあったはず。 

そんなこんなで「名前」って面白いなあとか 名前ってなんなんだろと 思っていたんだった。
名前=真の自分をあらわすもの なのかなあ・・。
また それについては 読み返してみようと思います。

魔法使いが クマに姿を変えて遊んでいるうちに 自分自身を忘れて戻れなくなる とか
ハヤブサになったゲドが 身体はゲドに戻っているのに口がきけない とか
そういうのを 読むと
なんか 自分に照らし合わせても
自分以外のものになっている時間が長いほどに 自分自身の素の感じというか 自分自身というものを忘れていってしまうのかなあ・・ などと感じました。
そして 遊びとか 目先の楽しいことであったりとか そういうことに時間を注いでいるうちに 自分本来の感じを忘れるということであったりとか・・。

**************************

オジオンは ゲドを送り出すんですよね。
それが すごいなあと思います。

そっちに行かざるをえないような感じで ゲドは学院に行くことを選んだのかなあ。
とおらないわけにはいかない道
それが 人から見て明らかに間違いのようにみえたとしても
失敗と呼ばれるようなものなのだとしても
「とおらないわけにはいかない」 というものが 人生においてはあるのかなあ
なんて わたしは思ったりします。




 

光が増せば、影も濃くなる。

タイトルにした「光が増せば、影も濃くなる」というのは
フラワーエッセンスを学んでいたときに 講師の方がおっしゃった言葉で

「あー なるほどなあ・・」と なぜか すごく心に残り
今でも 印象深い言葉として 思いだします。

 

自分の中の光にフォーカスすると 影もくっきりと意識されるようになる。
また なにか社会的に光にアプローチしようとすると 影もくっきり出てくる。
光が強いと それだけ 影も濃い。 それは当然なこと、自然なこと、なのかなあって。わたしはそんな風に解釈?しました。

つい昨日、しいたけさんのブログを読んで。

占い師さんで意地悪な人とは何か|しいたけオフィシャルブログ「しいたけのブログ」Powered by Ameba

以下引用文

それでですね、相手をハッピーにさせる。言い換えると自分が作っていく作品に光を注ぎ続けると、吐き出している側の人の闇って増えてくるんです。

 

だからですね、これも某編集の人から聞いた話なのですが、小説を書く作家さんとかでも、なんかその小説の世界観がホラーとか、めちゃくちゃな作品の場合、筆者にお会いするとものすごく明るい人みたいなことがあるそうです。逆にハッピーエンド系の作品を書く人って「あれ、この人が本当に作者なの?」っていうぐらいに思ってしまうことがあったりもする。多分全員じゃないですよ。一例ですよ。


============================

上の文を 読んで、あー確か前に ホラーを書いている人でめちゃくちゃ明るい感じの人いたなあ~と思いだしました。

あと、誰かは忘れたけど 絵本作家さんで「絵本を書いてるってだけで、ほんわかしたいい人って思われることがすごいストレス」って書いてた人がいたことを思いだしました。

絵本作家さん=なんかやさしくて子ども好きでいい人そう
みたいなことって 世の中にたくさんあるなあって。

わたしも フラワーエッセンスプラクティショナーとして 活動し始めて
自分で自分のことを フラワーエッセンス扱う人ってこんな人 っていうイメージに
沿って 意識的にも無意識的にも あるべき姿 みたいなものにすごくとらわれてた。

なんか 不思議よね。 考えてみれば。
例えば セラピストって聞くと なんかやっぱり優しそうで 慈愛にあふれてて 大人な感じ?で ・・って 勝手にイメージが浮かぶ(笑)
だけど 誰かが そうしろとか そうあれって 言ってきたわけじゃない。
自分でいつの間にかできあがっている イメージに自分でとらわれる。

そして そのイメージから自分が逸れたと感じると 落ち込んだり ダメだ~って思ってしまったり。 そういうことが わたしにはありました。

つか、なんでダメなの?   って 今は 素朴に思ってて。

 

人にはいろんな面があって。
絵本作家さんだって ひどく意地悪なきもちになることもあるだろうし
ほんわか ふわん な部分だけじゃないだろうし。
そんなの 当たり前、なのにね。
だから 自分だってそう。
ヒドイ部分もあれば 意地悪 嫉妬 ドロドロした気持ち 狭量 が
優しさ 愛情 おおらかさ と同時に混在してるんじゃないかなーと
今のわたしは 思っていて。

なら それでいいんじゃん。 って思っています。
(意地悪さを垂れ流しにしろってことじゃないよ)

自分で「フラワーエッセンス扱う人ってこんな人」というイメージにとらわれていたときに ちょっと辛口かな?ってことを思い切って言ったり書いたりしたとき
「毒吐いちゃいますが・・」とか言ったり書いたりしていたら、

Facebookのコメントで 「毒? 当たり前のこと言ってるなあって思うだけで 毒って感じたことないよ」というような内容(だったと思う)を書いてくれた人がいて。

えーーー!!これって 毒じゃないの?って それが当時すごく衝撃で。

なんか そのコメントもらえて すごくよかったなあって 振り返って今思います。

わたしの場合は、 自分が思う自分の理想な感じから 外れたことを言ったり書いたりするのが 「なんか悪いことを思っている、書いてる」みたいな感覚がすごいあったんだなって。光の部分の自分だけでいようとすると なにか抑圧されて溜まっていくものがあって それがもやもやとして 出さざるを得ない みたいな感じになるのかなあ・・と。
一時期 それまでの反動なのか(笑) もやもやぐるぐる あれはどうなの これはどうなのと 噛みつかずにはおれない時期がありました。

決して 光の部分の自分だけでいようとしていたわけじゃないのですけど (自分的には) 結果的に? 影の部分を「悪いなあ・・こんなこと感じてしまう自分は醜いなあ汚いなあ」と思っていたということは やっぱり そういう部分を抑えよう、見せちゃいけないって 感じてた・・・ってことなのかな?(ってそう感じてしまうことが よくないとか 正しくないってことが言いたいわけではなく 事実として)

今は わざわざ全部ぶちまけたりしようっていうのはないけど、
都度都度 自分が感じたことを正直に 言ったりもするし 書くこともあるし・・そんな感じが気に入っています。
職場の人が「わるひらさん」って名前をつけてくれてね、それが可笑しくて、すごく気に入ってます(笑) 自分の中のわるひらさんを 自分で面白がって可愛がってあげる感じ。

-------------------------------------------------------------------------------------
すっごく大好きな人でもさ、むかっとくることもあるし、
かわいい我が子でも 「あーもうヤダ」「めんどくせー」って感じることもある。
それが 普通。 だと私は思うな。


大切だからこそ 毒づきたくなることもある。

そういった矛盾めいたものを 必要以上に怖れなくてもいいと思う。
根底には こういっちゃあなんだか恥ずかしくて隠れたくなるけども
みんなの中の愛がひたひたと流れているんじゃないのかなあって。
(わー 言葉にすると スゲー安易な感じ(笑)
その上に なにが乗っかって流れていようと大丈夫なんじゃないかな。








 

実体がない という話を読んで。

しいたけさんの「しいたけ占い」というのがあって、
それが面白いのだけど、
先日 そのしいたけさんのブログで「巫女さん系列の人」というのがあって。

読んだら 結構あてはまるところがあって 面白かったです。

巫女さん系列の人|しいたけオフィシャルブログ「しいたけのブログ」Powered by Ameba 

巫女さん系列③ 回復編|しいたけオフィシャルブログ「しいたけのブログ」Powered by Ameba

この回復編 の 「実体がない」っていうのが すごーく腑に落ちた感があって。

自分が巫女さん系列の人かどうかは どうでもいいんですが、
この「実体がない」っていうのが おお~そうそうって思いました。

「わたしにはなんにもない」ってよく思ってたし。
やりたいこともそんなにない。

「自分のしたいこと」ってあんまなくて「世のため人のため」みたいなことで力を発揮します。って書いてあったけど、


うん、「世のため人のため」っていうと すごいいい人的なイメージだけど(笑)
わたしの場合は そういう「いい人的な感じ」ではなくて、
例えば自分1人だと何もしないけど、
家族のことだったら「じゃあやるか」とか 
なにか頼まれごととかも 「まあ時間あるし 暇だし自分にできそうなことだし やるか」 みたいな感じ。
自分のことだけじゃ 動けないことも 人のため?というか誰かが絡んでくると よいしょっと腰があがる的な。

今のパートの仕事も 自分が苦も無く楽しくできて それで人に喜ばれたら
わー楽しい!って感じです。

使命を知りたいって思ったこともないし、
わたしって 本当に空っぽだなあと思うことがよくあったのですが、
あー それでもいいんだなあって 思い始めた最近に
この記事が読めて 面白かったのでした。

どういう存在でも どんな生き方でもいいのよね。

結構いろんなことに 育つ過程でとらわれてしまうのだなあと感じます。

最近娘と話していると
全力で頑張ってないことに対する罪悪感 みたいなことをずっと言ってる。

「わたし 全然頑張ってない」「本当に努力できてない」っていうの。

でも わたしから見たら 今まですごく頑張ってきてるし 努力もできてると思う。
楽することに対する罪悪感っていうのを すごく持ってるんだなあって見ていて思う。

「楽したっていいんだよ~」っていうんだけど、
まあ 罪悪感をもつことすらも悪いことではないし。
本人が そういう時期を過ごしてるなら まあそれもいいのかなーと。
わたしから見える印象を わたしは言うだけで。

と 話は戻りますが、
なんか こんな空っぽな感覚を持っていても、
その時その時目の前にあることをやっていって生きていくのもいいなあと
思う今日この頃です。

誰かの役に立つために 誰かを喜ばせるために生きる というのでもなく
ただ なんかできることやって 結果的に誰かが喜んだりしてくれて
あー よかった わたしも嬉しいわ~ って感じで過ごすことがわたしの幸せかな。