思うままにつれづれ書くblog

背伸びせずかっこつけず思うままにつれづれをぶっちゃけていくブログです。

今までの自分はこうだったという話を書いてきて

最近の記事は
今までの自分はこうだったけど 今はこんな感じです

という内容がほとんどだったように感じます。

一通り あれやこれやと書いてきて
なんだか 「まとめ」「総括」みたいなことができたからなのか
気持ち的にすっきり爽快な感じです。

今は 何がしたいんだろう
どういうことを感じて
どういうことを考えて
どうやっていくのかなあと ちょっと楽しみな気持ちが湧いてきています。

今以上に 自分のことに集中していきたいなあと思っています。

等身大の自分で等身大の関係性

先日書いた記事の最後に
タイトルの 言葉を書いて
自分で 「あー」と思いました。

そうそう、わたし、自分のこと過大評価してたんだな~と。

自分自身の人格的な部分だったり
精神的な成熟度?というのかな そういうところだったり
自分ができること の 能力的な部分だったり。
実際の自分よりも 大きく見積もってました。
と 今振り返ると 過去の自分に対してそう感じます。

うん、もっとできると思ってた(汗
やればできる子だと思ってた。
てか やらなかったじゃん・・←そもそもここがおかしい。

うーん

「可能性 伸びしろのある自分」

「等身大の自分」
を ごっちゃにしてしまっていた感じなのかな・・。

成長 ということで言えば
やはり 少し背伸びしたものにチャレンジしていく
というのは 大事なことだと思うので
自分がちょっと背伸びする というのはあっていい、というか
やると楽しいことでもあると思います。

以前は
今現在の自分を 大きく見積もり過ぎて
ちょっと違う方向に頑張っていたのかなあ。。

自分ができること
自分がやりたい方向性
ありたいあり方

なかなか自分で それを見極めるというのは
わたしも 今できてるかというと わかんないですけど

バブル的な仕事の仕方は 望んでいることではないので、
しっかり 地に足をつけて活動できてるかな?というのは
これからも 見つめていきたいなあと思います。

尊敬する方が 周りに何人かいらっしゃるのですが
その方の 発信やあり方をみていると
本当にすごいなあと 感じます。
発信しているものと あり方や言動 行動が一致している感じが
伝わってくるのです。


そこで 「わたしなんか 全然だめで・・」って
自分を卑下するんじゃなくて
(昔はすぐそこにハマってた。
結局卑下しているようで、我ながら無駄にプライドが高かったのよね・・)

そして 尊敬する人を上において 自分を下におくのでもなく、
(花にたとえるなら ひとそれぞれ 違う花だから~♡)

自分なりの良さとかは 自分でも認めて
且つ おそーい歩みでも(笑) 少しづつ 
なにかしら ありたい方向へと 自分なりに歩んでいけたらなあと 思っています。

自分に優しくする とか 休むときは休む も大事だけど
そういう時期に満足して さあ 動こう!って自然と思えた時に。

花を咲かせたいなら 育てる努力も自分でしないとね!

人との距離感とか関係性

最近は
自分の長所も短所(と自分が感じるところ)もまるっと全部
「あー そうね」 って感じになっていて

「こうなろう」とか「こうなりたい」と数年前に思っていたことも
「あ、実はそれ 自分にとってはしっくりこなくて 今は別になりたいと思ってない」
という風になっていることに 先ほどふと気づきました。

例えば 人とのお付き合いに関することもその1つ。

わたしは ひとりでいるのも割と好きなんだけど
フラワーエッセンスの仕事 個人事業主で仕事をしていると
交友関係を広げて いろんな人に知ってもらって・・
というようなことを 「しないといけない」って思ってたり
「人気者になりたい」みたいなことを思っていたこともありました。
たくさんの人から いいねと思われるようなこと。

交友関係は広ければ広いほど良い というようなこと。

今は そういうのはなくて
自分も相手も割と自然体でリラックスしてお付き合いできるような
関係の人だったり
尊敬できたり 一緒にいて面白かったり 刺激を受けたり そういった友人が
少しでもいてくれたらいいなあ と思っています。

一生懸命 つながりを維持?しようとしたり
交友関係を広げようひろげようとする必要もないかなあと 今は思っています。
(でも一人でお仕事するなら 交友関係を広げていったり 認知を広げる時期や そういうことも必要なのかも・・というか 多分必要ですし、また そういうことが向いていて、楽しみながら自然とできてしまう人で とても似合ってるなあと感じる方はいらっしゃるので、そういうのがよくないとかが言いたいわけではないです。
今は素直にすごいなあと思う。)

うん、多分わたしはきっとそういう才能がないというか 向いてないのだと思いますし
もしかしたら、向き不向きというのではなくて
むしろ あまりひろげたくないと思っているのかも・・。←うう。。

気の合う人 好きな人とは 自然とお付き合いが続くし
また Facebookとかでも 繋がっていて
いいね!を押さなくても 「おお~」と読ませてもらってる人もいるし、
遠くから勝手に 素敵だなあと感じている人もいます。

いつの間にか 疎遠になってしまう人もいるけど
それはそれで 元気にされてるなあとか 楽しそうだなあとか
いいニュースが流れると 嬉しいし^^

疎遠になってしまっている人が わたしのことをどう思っているかは
知りえないけれど、そうやって
遠く離れていても 「あー元気にしてるんだね!良かった!」みたいな
感じもいいなあ と感じています。

関係性はいろいろあっていいよね。

連絡不精なところがあり、実の親にもあんまり自分から連絡することは
あんまりなくて
(でも 最近こればっかりは あまりよくないと反省しております)

1人の時間が好きだけど
社交も好きだし(ママ同士のつながりでわいわいも好き!)
接客業で いろんな人と毎日 たくさん仕事としてかかわっていくのも
とても好きで すごく向いていると思う。

1人の時間も好きなので 割と多めにその時間も欲しいし、
たくさんの人と関わる仕事や場所があること
両方あるのが わたしにとってはすごく大事でいいバランスだなあと
最近感じています。


人との距離感って 人によっていろいろなのかもなあ。
わたしは 親近感を感じている人とは あまり連絡を取り合わなくても
近しい感覚を持ち続けているかも。
なので たまにあっても 久しぶり!って感覚はあまりないというか。

たまに大勢集まってワイワイするのも好きだけど、
基本的には1対1で ゆっくり話すのが好きかなあ。

そういった 自分なりの人付き合いのスタンスというか
こういうのが 自分にとって無理もないし ここちいいんだっていうのが
分かってると 
どうして自分はああなれないんだろう・・・って悩むこともないのかなあ
と思います。

何かしら 響き合える関係性が持てる人とつながっていけたら嬉しいなあと
感じるこのごろです。

フラワーエッセンスの仕事として考えた時には 
自分のこういうところは、一般的には あまりよろしくはないのでしょうが、
でも ご縁をいただいた方とつながっていける限りは 続けていきたいと思っています。
でもって 自分はそれでよいと思っています。

等身大の自分で 等身大の関係性というか^^

目の前の人が見えなくなってるときの違和感。

先日 モンテッソーリ教育が話題になっていて
ふと 思いだしたこと。

うちの子たちは 2人ともモンテの幼稚園に通いました。

モンテと言っても いろんな雰囲気の幼稚園や
個人塾?のようなところもありました。

わたしは 「ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」
という相良さんの本を読んで とても感動して
ぜひぜひこういう場で こどもがいろんな経験ができたらいいなあと
思ったのがきっかけです。
(ちなみに相良さんの講演会を聞いたことがあるのですが
ほんと素敵でエネルギッシュでチャーミングな方でした♡)

モンテッソーリ関係の本では
モンテで育った子どもが それぞれの資質をのばしていく過程など
素晴らしい事例が紹介されています。

その 素晴らしい事例に目を奪われ過ぎてしまい、
自分の子を それに当てはめようとしていることにある時気がつきました。

いくら素晴らしいメソッドでも
「こうこうこうすれば こうなるはず」という枠にはめようはめようと
すると おかしいことになるんだなあと感じたし

「素晴らしい」 というルートに うっかり自分も子どもも
乗せようとしてしまう危うさ?のようなものも感じました。

目の前の子どもが 見えなくなってしまうんですよね。
それをすると。
そのメソッドのフィルターにかけちゃうというか。

----------------------------------------------------------------------

それと似たようなことが スピリチュアルと言われているような
業界?にもあるように思います。

なんか 違和感がある
なんか おかしいなあ・・と感じていたこと。

自分が何に違和感を感じているのか
ずっと よくわからなかったんだけど、

あ、これ・・。
目の前の人が見えなくなってる あの感じなんだな!と
つい先日 思い当たりました。

例えば 豊かになるために お金がもっと入ってくるように・・
という時に
パートナーシップのハナシとか 夫婦関係とか
そういうのが絡んでくる話(メソッド?)の時に

その 豊かさ とか お金 とか そういう目的のところに
フォーカスしすぎて
目の前のだんなさん不在というか。
男の人は 女の人に尽くしたがってるとか
頼られると嬉しいとか 
そういうもんなんだよ っていう記事を目にしたとき

あ、そうなのかな?って 一時期思ったんですけど
今は ん~ それはそうなのかもしれないけど
なんか わたし的には違うなあというのが正直なところです。

そのメソッドや効果に目を奪われ過ぎて
目の前のホントに大事な家族とか だんなさんのこと
見えなくなってしまうこともあるんじゃないかなあと。

そういうところに すぽっとハマってしまう危うさを感じます。

でも その危うさを感じられるのは
わたしが そこにハマりかけたからこそ。

本当に自分にとって大事にしたいことはなんなのか。
違和感は それをいつも教えてくれるものなんだなあと思います。


フラワーエッセンスの仕事について その2

先日のブログ記事の中で

「これは私の場合 ですが、
興味をもってもらおう とか
セッションを受けるとこんないいことがあります
というのを 必要以上に意識しなくてよくなったことが
肩の力が抜けた感じで フラワーエッセンスと関われるようになった
というのが1つ良かったことです。嬉しいことでもあります。
(これは 私の場合なので 稼ぎながら自然体でかかわっている人も
もちろんたくさんいらっしゃると思います)」

と 書きました。

以前ブログコンサルを受けた時に言われたのが
「効果をもっとアピールしてください」
クライアントさんにとって どんなメリットがあるのかを
もっとアピールしてください ということでした。

あとは 即効性みたいな部分。

=========================

フラワーエッセンスって 説明しようとすると
けっこう 頭を悩ます方も多いかもしれないです。

だって 強制力があるわけじゃないし 薬じゃないし
でも バッチ博士は薬として作ってて~
リラクゼーショングッズのような扱われ方をすることもあれば
魔法の薬?のような表現をされることもあるし。

フラワーエッセンスって 音楽と似ていて
そこに流れていて 共鳴するかどうかは自分が選べる
みたいなところがあって

劇的な効果を感じる人もいれば
ん~?なんだか ん? そういえば? みたいな人もいる。

疲れた~って 時はオリーブのエッセンスが選ばれるけれど
オリーブは滋養強壮剤のようなものではないので
飲めば速攻元気になるってもんでもない。

本来の活力を取り戻すために 一旦強制終了でーす!みたいな
出来事がおこったりもする。

====================================

というわけで 「効果を強調する」というのは 
わたしにとっては 非常になんだか もやっとすることでもありました。

うん、でも 作用はあるんだよね。
だから そういうところを もっとアピールして
フラワーエッセンスをもっと有効活用してもらったり
こんないいものがあるんだよ~って 知ってもらうことも大事。

最初は
こんな問題が解決した人がいますよ とか
こんな時に こんなエッセンスを使って こんないいことがありますよ
っていうところが 入口になることが多いと思います。

そして その奥に
本来の自分らしい感じってなんだろうとか 
魂の声というか 自分の内側からくるささやきに耳を傾ける
というところにつながってくるところが フラワーエッセンスなんだと感じていて。

そして 内側の自分の声に耳を傾けていると
現実問題 非常に板ばさみ的な悩みが持ち上がったりもする。
それは すぐに決断できないことも多いだろうし
葛藤や苦悩を味わうこともある。
そんなときも フラワーエッセンスがサポートになります。
(フラワーエッセンスを飲むことで葛藤にきづいて フラワーエッセンスにサポートされるってなんか面白いなあと今思った)

そこを潜り抜けていくと あるポイントにたどり着いていって。
そこから また 全く新しい選択だったり 生き方だったりが始まることもある。

そんなことに気づかせてくれたり 支えてくれたりするのが
フラワーエッセンスの奥深さかなあと感じています。

==========================

入口的な部分も 奥深い部分もどっちもフラワーエッセンスの良さ。
以前は その奥深いところだけ強調して そこが真実?というか大事なんだよ
ってところが言いたくていたんだけど、
最近は どっちもいいなあって思っています。

いろんな段階の方に 寄り添えるようなフラワーエッセンスプラクティショナーでありたいなあと 思う今日この頃です。